思春期のお悩みナンバー1

顔の手入れ

洗顔はシンプルに

ニキビと言えば中学校から思春期ぐらいの悩みですね。特に思春期ニキビというのは原因がわからないのにニキビが増えて行きなかなか厄介な存在です。一説によると成長ホルモンの影響でホルモンバランスが崩れることによって皮脂の分泌が多量に起こってしまうのが原因ともいわれているそうです。そこでできることは限られています。洗顔を変えていくことが大事だと思います。スキンケアの基礎的な部分ですが、基礎を変えていくことが大事です。では具体的に何をすればよいのかと言うと洗顔の仕方と石鹸または洗顔フォームを変えることです。洗顔で大切なのは顔に触らないことと石鹸や洗顔フォームをしっかり泡立てることが大切です。顔を強くこすってしまうと刺激からニキビの原因になってしまうため注意が必要です。

洗顔フォームの選び方

現在洗顔フォームは様々な種類がありますが、なるべく刺激が少ないものを選びましょう。これは思春期など関係なく、スースーするなど爽快が売りの洗顔フォームはなるべく避けましょう。肌はデリケートな部分なため、強く刺激するとニキビの原因になってしまうので注意が必要です。シンプルなもので石鹸も良いと思います。石鹸ならばすぐ用意できることもあるでしょう。昔ながらのシンプルな物のため肌に優しく1個数百円でそこそこ長持ちするためコスパもよくておすすめです。思春期ニキビはなかなか治りにくいですが、自分でできることはしっかりやることが大事です。しかし何をやったりダメだったりする場合や中学校を卒業したと同時にピタッと治ってしまうという場合もあります。